AndroidからiPhoneへ。楽天モバイルでSIMカードのサイズを変更しました。

AndroidからiPhoneへ。楽天モバイルでSIMカードのサイズを変更しました。

こんにちは、りっか(@yururikka)です。

格安スマホからiPhoneSEに機種変しました。
データ通信に必要なSIMカードについてのお話を書きます。

外で通信するために必要なSIMカード。
実はAndroidとiPhoneではカードのサイズが違うのです。
AndroidがmicroSIM、iPhoneがnanoSIMといってnanoSIMのほうが小さいサイズになっています。

そのため、iPhoneからAndroidへはnanoSIMをmicroSIMサイズのケースに入れるだけで流用できるのですが、AndroidからiPhoneへはキャリアでカードを変更してもらうか自分で小さく切るしかありません。

(そんな恐ろしいこと私にはできないので詳しくは書きませんが、穴あけパンチみたいなSIMカッターというものがあるそうです。SIMカードはレンタル品ですのでキャリアによっては賠償金を請求されますし、失敗したらとても面倒なことになるので自己責任でお願いします。)

iPhoneSEを購入した後、その足で心斎橋の楽天モバイルに行きましたがその日は平日なのに3時くらいで受付終了していたようで手続きできませんでした。
閉店は8時半ですが、仕事帰りだといつ行っても受付終了しているんですよね…。

仕方がないので一旦家に帰り、自宅のWi-FiでiPhoneにアプリを入れたりデータの移動をして、後日リベンジ。

金曜日の朝10時、開店と同時にお店に入りました。
誰も並んでいませんでしたが、私が入ってすぐ2組ほど来店してきました。

SIMカードのサイズ変更を申し込み、用紙に名前や楽天IDなどを記入。
AndroidからSIMカードを抜き取って店員さんに渡し、数分~10分ほど待っていると新しいSIMカードを持った店員さんが戻ってきました。
おそらく店舗の奥でSIMのデータの移動をしているんだと思いますが、こんなに早いとは。
契約の時は1時間くらい待ったので、もっと時間がかかると思っていました。

店員さんが新しいSIMカードをiPhoneに入れて、iPhoneSEで楽天モバイルが使えるようにセットアップしてくれました。
楽天用のシステムデータをダウンロードしないといけないようです。

楽天モバイルのSIMサイズ変更手数料は4000円。
次回の支払いと一緒に引き落とされるので、店頭でお金を支払わずに手続きができました。

SIMカードのサイズによっては店頭で変更できない場合があるようなので、事前にこちらのページを確認することをおすすめします。
楽天モバイル SIMサイズ変更

SIMカードのサイズ変更手続きはとっても簡単でした!
店頭で手続きされる際は開店と同時に行かれることをオススメします!

お金のはなしカテゴリの最新記事